ヤマダ電機、「ヤマダ不動産」で新規事業参入へ

今日は保有株で、久々に動きがありました。なにかというと、これです。
ヤマダ電機が不動産参入 子会社設立 改装、融資も提案

群馬県に本社を置く家電量販店最大手のヤマダ電機(高崎市栄町、桑野光正社長)は不動産事業に参入する。完全子会社を通じて賃貸物件や不動産売買を仲介。グループ全体の強みを生かし、リフォームや金融相談といった総合的なサービスを提案し、顧客と不動産オーナーのニーズに応える。

スポンサーリンク

賃貸と売買の両方をやるというから驚きました。てっきり、ヤマダエスバイエルのことを考えると、売買のみかと思っていたんですけれど、違うんですね。

まあ、でも例え賃貸のお客さんであっても、家電の販売にもつなげられるし、場合によっては売買の契約も望めるだろうし、着眼点は素晴らしいですね。今後は独自の不動産情報サイトを作ることになると思いますが、その掲載物件数がどのくらい伸びるのかは見ものですね。

記事のなかにある、不動産オーナー向けの家具・家電つき物件の提案なんかは面白い動きだなと思いました。一人暮らしだと、家具とか家電揃えるの大変ですからね。中期間の滞在者向けの物件なんかに活かせそうですよね。例えば、自分の住まい付近で進んでいる高速道路建設なんかは、プロジェクトが終わるまでこっちに住んでいる人とかいるみたいだし。

最近のヤマダ電機は少し変わった気がする。ここの株は買っといて正解だったと自信を深めました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク