talknote(トークノート)は上場間近?

社内SNSのサービスとしてはかなり後発に入るのですが、トークノートの勢いが止まりません。登録企業数は20,000社を超えたというから驚き。

スポンサーリンク

「グループウェア」の草分け的存在であるサイボウズという会社がありますが、同社が提供している中小企業版サービス「サイボウズOfiice」が50,000社ですから、かなり迫ってきている感じはありますね。ちなみに、料金もトークノートの方が2倍かそれ以上しますので、売上高も結構なものがあるんじゃないかと思われます。念のため申し上げておくと、サイボウズは東証一部に上場している会社です。

トークノートの株主は、ネクシィーズや谷本徹率いるリード・キャピタル・マネージメントが主要な株主となっています。その他、LINEの森川さんなんかも株を持っているかもしれませんね。
僕はCahtworkとサイボウズの中間的なトークノートが結構好きでして、ぜひ上場してくれたらいいなと思います。「お疲れ様です」からはじまる面倒なメールがなくなってトークノートをどこの会社も入れてくれたらいいのになーといつも思います。そのためには上場してまずは認知が進んでほしいのです。

talknoteの料金っていくらくらい?

talknoteの料金についてですが、HP記載のものによると以下のようです。(2017/6/5現在)

結構いい値段するなーというのが正直な感想です。例えば、100人の会社があって全員がアカウントを作成した場合、HP記載の料金表から計算すると、以下の料金になります。(レギュラープラン採用時)

  • 初期費用:200,000円~
  • 月額費用:980円 * 100人 = 98,000円
  • 一年間の合計:200,000円 + (98,000 * 12ヶ月) = 1,376,000円

ボリュームディスカウントなどは対応してくれる可能性もありますが、だいたいこのくらいの価格が最初の1年はかかってくるようです。初期費用は最低価格?で計算していますので、更に高額になる場合も多いでしょう。

ただ、組織のコミュニケーションが円滑になって、生産性が向上するのであれば、決して高くない金額とも言えそうです。こういうのはまずは試してみないと何とも判断できないんですよねー。

 

スポンサーリンク