2016.11.20 保有株含み損益 -トランプ祭りで好調維持

2016.11.18日終値時点の保有株の含み損益です。
pf_20161120
※このほか、現金が695,000円ほどありますので総資産は1,025,000円となります。

スポンサーリンク

トランプショックが一日で「トランプ祭り」に発展、しかも確変継続中のような好調っぷりです。
日経平均株価は10ヶ月ぶりに18,000円台に乗せるなど、株式市場に明るい兆しが見えています。

ここ最近の株価水準からして、新規に銘柄を買うには躊躇してしまうような株価圏にありますが、
割安度は薄れども、業績好調な銘柄は必ず存在するものです。

ピーター・リンチのこんな言葉を思い出します。

10社の調査を行えば見通しが明るくなっている企業は1社はあるものである。50社を調査すれば5社はそのような企業であろう。株式市場にはいつでもウォール街が見過ごしている企業群がある。 -ピーター・リンチ

成長銘柄でいうと、記憶にあたらしいのはRIZAPグループ(健康コーポレーション)なんかがそうですね。
株価は上場してから正直パッとしませんでしたが、ここ数年の成長は目覚ましものがあります。
下の図は直近の5年チャートです。
rizap_%e6%a0%aa%e4%be%a1
株価が100円以下で固定されているような状況が続きましたが、完全個室のマンツーマンジム「RIZAP」の開業からまもなく業績も株価も一気に右肩上がりとなりました。

RIZAPはこの事業モデルを水平展開し、TOEICの指導でも同様の取り組みを始めるそうです。
自分もTOEICの学習を死ぬ気で1ヶ月やったことがあるのですが、TOEICで大幅に得点をUPさせることは難しくないと感じました。(自分の場合は730→880になりました)強制的に学習環境さえ整えられれば誰でも点数は伸びるものです。

なにか目標を達成するには、

①:「強制力」を持った環境
②: 受講者に成功した事例を強烈に印象付けること

さえできればいい訳です。「RIZAP」も「RIZAP English」も内的動機付けと外的動機付けをうまく活用した事業だとつくづく感心します。今後も同社の業績はしばらく好調を維持するんじゃないかと思ってます。

ざっくり株式指標と優待内容だけ確認しますと、
PER: 17.71倍
PBR: 7.85倍
EPS:47.08倍

PBRがかなり高めであることは否めませんが、PERは割りと低めですね。
ここ最近は会社予想を大きく上回るペースで推移していますので、さらにPERは低くなるものと予想されます。

<参考情報>
2017年3月期連結中間決算、経常損益6,064百万円。事前予想を上回る水準。 -2016.11.14

優待は以下の通りです。(権利確定日は3月末)
rizap%e5%84%aa%e5%be%85

スポンサーリンク

スポンサーリンク