夢真ホールディングスからオファーがたくさん来るのですが、

JASDAQに上場している夢真ホールディングスから求人サイト経由でオファーが来ます。
それも尋常じゃないくらいのペースで。。

同社は若年層のITエンジニアや建設業の技術派遣を主体とした事業展開を行っており、そのビジネスモデルから少しでも多くの案件を確保し、一人でも多くのエンジニアを派遣することが重要になってきます。
ITエンジニアの派遣事業に限って言えば、成果物に対しての責任を負う契約形態ではなく、労働力の提供を目的とした契約のものがほとんどであることから、少々スキルが劣る人材でも積極的に採用している背景があるように感じます。

IT土方…IT業界の仕事の負担が最も集中する激務プログラマ

↑の記事でも言及されていますが、私がこの業界の一番の問題だと思うのは若手技術者が下流の仕事しかさせてもらえず、業界で生きていくためのスキルが身につかないことだと考えています。
IT土方というキーワードは、しばしば「要件に沿ってプログラムを淡々と書く人」という表現をされますが、プログラムを書ける環境にいる人はかなりハッピーで、ひどい案件だとひたすら画面の動作確認を行う仕事をやらされたりします。
(もちろんこんな仕事では技術者としてのスキルアップは図ることはできないですよね。)

社内での発言力があれば、こういった案件についても拒否することができますが、全く技術のない若手は会社の指示にただ黙って従わざるを得ず、結果として市場価値の低い名ばかり派遣エンジニアが大量に社会に溢れることになります。
投資家として見れば、いまのITエンジニアへの需要は大変に旺盛であることから、同社の利益はよっぽどのことがない限り大きく落ち込んだりすることはないと思います。
ただ、派遣技術者が幸せになれる社会にあるようには到底思えない環境であるため、そういった土台に乗ってビジネスをしている同社が、継続的に成長を遂げることは難しい気がしています。
※注:夢真ホールディングスに対しての批判っぽくなってしまいましたが、同社のことは非難するつもりはありません。
若手の教育にも相当な力を入れていて、離職率も抜群に低い可能性だってあると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク