含み益に転換してからが勝負

ここ最近、長い含み損を出して含み益に転換した銘柄があります。
ファンコミュニケーションズ<2461>です。
blog_fancom

昨年12月ごろに@785円で購入して以来、株価は軟調そのものでしたが、
ここ最近は損益分岐点の785円を安定的に超えるようになってきました。
3カ月ほど含み損の期間が続きましたので、含み益に転じた時に利益確定を急ぎたい気持ちがわいてきました。
(株は売却せずに現在も保有しています。)

もともとファンコミュニケーションズを購入した理由は、スマホのアフィリエイトにおいての圧倒的な優位性とサービスの開発スピードが同業他社よりも早くて高品質なことを好感してのものでした。
スマホの広告はユーザの飽きがPCのそれと比べて早いので、矢継ぎ早に開発を進めていく必要がありますので開発スピードが高いことは今後同社に大きな利益をもたらしてくれると考えています。

この考を改めたくなるような事象が発生しない限り、同社の株は手放さないつもりです。
微益で撤退し、大きな利益を逃さないように気を付けたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク