SoftBank孫社長、元Googleのアローラ氏を後継者とする方針

ソフトバンク孫社長、元Googleのアローラ氏を「後継者」に

ソフトバンク代表の孫正義氏は、5月11日に開催された決算会見で、2014年10月にソフトバンクに参画した、元Google最高幹部のニケシュ・アローラ氏を、後継者にする意向であることを明らかにした。アローラ氏は、同社のナンバーツーである代表取締役副社長に就任する予定だ。
 アローラ氏は、Google入社以前、Putnam Investmentsで通信業界のアナリストとして活躍し、2000年にモバイルデータ分野の会社を設立。また米T-Mobileでは、欧州事業のCMOや取締役などの要職を務めた。ソフトバンクでは米SoftBank Internet and MediaのCEOを務める。

Googleの幹部であったアローラ氏をこのタイミングで後継者に任命するとは少々意外でした。UNIQLOの柳井社長など後継者探しに難航するカリスマ経営者が多いなか、まだ57歳の孫さんがこのタイミングで意中の人物を見つけたというのは会社の継続的な発展に大きなプラスになるんじゃないかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク