村上ファンド関連銘柄をまとめてみる

先日の人工知能関連銘柄に続き、村上世彰氏が率いるいわゆる「村上ファンド」銘柄をまとめてみます。
このまとめを作成するきっかけになったのは、原弘産<8894>の大株主にBNF氏と共に名前が登場し、直後の株価が暴騰したことに非常に興味を持ったためです。

スポンサーリンク

※下記、2015年3月2日現在の株価

原弘産<8894> (株価:51円)
保有割合:29.5%
最低購入価格:5,100円
年初来高値:98
年初来安値:39
20150302

セゾン情報システムズ<9460>(株価:1328円)


保有割合:27.71%
最低購入価格:132,800円
年初来高値:1424
年初来安値:962
セゾン情報システムズ株価

ヤマダ電機<9831>(株価:507円)
保有割合:13.16%
最低購入価格:50,700円
年初来高値:530
年初来安値:311
ヤマダ電機株価

ヨロズ<7294>(株価:2421円)
保有割合:10.85%
最低購入価格:242,100円
年初来高値:2468
年初来安値:1627
ヨロズ株価

セブンシーズホールディングス<7294>(株価:1465円)
保有割合:8.16%
最低購入価格:146,500円
年初来高値:2000
年初来安値:1355
セブンシーズ株価

追記(2015/06/30)
半導体の商社である三信電気<8150>の株を5.09%取得したことが明らかに
村上世彰氏、三信電株の5%超を取得 黒田電気株は14.6%保有

産経WESTによると、C&Iホールディングの絢氏が黒田電気への株主提案が否決されたことを捏造だとして追求しているようです。(詳細記事)記事のなかで絢氏は「コーポレートガバナンス実現が投資理念」と語っており、「父とは一緒に仕事することもあり、よく相談している」という。村上世彰氏の理念がそのまま娘に受け継がれている印象がとても強くなりましたね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク